事業紹介

  • 製造への取組み
  • 環境への取組み

製造への取組み

高い技術力に基づいた環境に優しい紙作りを推進しています。

製造への取組み

古紙を溶かし、取り出した繊維を固め、形成する。どの工程をとってみても、紙作りには大量の水が必要とされます。
富士山の麓で生まれ育った私たちにとって、自然環境は心を和ませる存在であるだけでなく、
清らかな水を擁する大切な資源でもあるのです。
このような背景もあり、私たちは常に環境を見つめた紙作りを行って参りました。
昨今問題にもなっておりますエネルギーコストの削減にも重きを置いた、
最先端技術を積極的に取り入れ、時代の変化やお客様のニーズに対応すべく、日々体制を整えております。

新聞や雑紙など再生紙の原料となる古紙を回収します。

古紙を溶かし、紙の原料となるパルプを取り出します。

古紙パルプに付着しているインクや異物を取り除きます。

古紙パルプを網状のワイヤーの上に流し込み、
余分な水分取り除きます

紙をロールでプレス脱水し、ドライヤーで乾燥させます。

完成した紙を巻き取り、注文寸法にスリットし、
包装して完成となります。

再生紙の製造工程で発生した排水やペーパースラッジなどは、工場内の処理設備によって処理され、環境負荷の軽減に寄与しています。


Copyrights (c) 2019 TAKAO PAPER All rights reserved.